秋田森岳温泉36ゴルフ場利用約款

秋田森岳温泉36ゴルフ場(以下「ゴルフ場」という)をご利用いただきますお客様(以下「利用者」という)は、メンバー、ビジターを問わず、安全で快適なプレーをお楽しみいただくためにも、当クラブ会則並びに日本ゴルフ協会の規則等による外、このゴルフ場利用約款を必ずお守り下さいますようお願い申し上げます。

第1条【本約款の適用】

ゴルフ場の利用者、並びにゴルフ場から特別に許可された利用者以外の者(以下「ギャラリー」という)は全て、本約款に従っていただきます。

第2条【約款の承諾と署名】

ゴルフ場の利用者並びにギャラリーは、フロントにおいて本約款承諾の上で所定の署名簿に署名して下さい。署名簿への署名をもって、利用者の施設利用をお引き受けし、施設利用後に所定の利用料金をお支払いいただきます。

第3条【利用の拒絶】

1.次の場合には利用のお引き受けをお断りすることがあります。

  • (1)
  • 満員でスタート時間に余裕がないとき。
  • (2)
  • 天災その他、やむ得ない事情により、ゴルフ場をクローズするとき。
  • (3)
  • 利用者が暴力行為、威嚇行為等のほか、公の秩序又は、善良な風俗に反する行為をなす恐れがあると認められるとき。
  • (4)
  • その他、ゴルフ場の施設を利用されることが不適当と認められるとき。

2.次の場合には、利用をお断りします。

  • (1)
  • 利用者が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会勢力(以下「暴力団等反社会勢力」という)に属していると認められるとき。
  • (2)
  • 利用者が暴力団等反社会勢力を同伴または紹介により入場させようとし、または入場させたとき。
  • (3)
  • 利用者が粗野な振る舞い等他のお客様に不快な思いをさせる行為等やゴルフ場の業務遂行に支障をきたす行為等をなす恐れがあると認められるとき。
  • (4)
  • 法人でその役員のうち暴力団等反社会勢力に属する者がいるとき。

第4条【利用継続の拒絶】

次の場合には利用中であっても、当該事由が生じた時点以降の利用をお断りすることがあります。

1.公の秩序もしくは、善良な風俗に反する行為、又は暴力行為、威嚇行為等があったとき。
2.利用者にエチケット・マナーに著しく反する行為等のほか、ゴルフ場の施設を
    利用することが不適当と認められるとき。
3.天災その他やむ得ない事情により、施設の利用ができないとき。
4.本約款に違反したとき。

第5条【休業日・開場時間】

ゴルフ場の各施設の休業日と開場時刻はゴルフ場の定めるところによります。ただし、臨時的に変更することがあります。

第6条【最終スタート時刻】

ゴルフ場が定める最終スタート時刻後は、事由のいかんを問わずスタートはできないこととします。

第7条【ロッカー利用】

  • 1.
  • 利用者の所持品はロッカー内に収め、施錠して保管していただきます。
  • 2.
  • ロッカーには、金銭その他貴重品を入れないでください。
  • ゴルフ場は、ロッカー内の金銭、貴重品については、責任を負わないものとします。
  • 3.
  • ゴルフ場が利用者の誤利用(例えば番号違い)を是正する等、緊急の必要性を認めた場合は、
    当該ロッカーを開扉して点検をする場合があります。
  • 4.
  • 利用者がロッカーの鍵を紛失された場合は、直ちにお届けください。 紛失による鍵及び錠の調整に要した費用は、当該利用者に負担していただきます。

第8条【貴重品の保管について】

  • 1.
  • 金銭、貴重品はセーフティボックス、または、フロントにお預けください。
  • 2.
  • セーフティボックスに収納する金品は、利用者において確認して入れてください。
  • 3.
  • セーフティボックスの番号及び暗証番号失念し開扉できないときは、フロントに申し出てください。その場合、申し出者の本人確認並びに収容物品が申し出者のものであることの証明をしていただきます。本人確認及び収容物品の帰属証明が不十分の場合は、セーフティボックスの開扉並びに収容物のお渡しをお断りすることといたします。
  • 4.
  • フロントでお預かりする場合は、預り証を発行いたします。預り証と引換えにお渡しします。

第9条【携帯品・駐車場における自動車盗難等】

携帯品(キャディバック、その他の持ち物)や駐車場における自動車の盗難(車上盗難も含む)及び損傷等につきましては、ゴルフ場が責任を負わないものとします。

第10条【宅配便】

  • 1.
  • 宅配便によるゴルフバック、その他の宅配物品は、荷姿のまま取次ぎ保管とし、ゴルフ場が責任を負わないものとします。
  • 2.
  • 宅配便によるゴルフクラブ、バック、コンペ賞品のお取次ぎはしますが、お取次ぎ中の品物についての紛失、損傷等の責任は負わないものとします。

第11条【危険防止責任とエチケット・マナーの遵守】

ゴルフは危険を伴なう場合がありますので、プレーヤーはエチケット・マナーを遵守するとともに、危険防止の基本である先行組及び同伴プレーヤーの位置の確認を徹底してください。

第12条【ティグランドにおいて】

ティマーク内の打席、又は特に指定された場所以外の素振りの禁止を厳守してください。プレーヤーは、みだりにティグランド内に立ち入らないでください。
同伴プレーヤーは、打者の前方に出ないでください。

第13条【飛距離の確認】

打者は、自己の打球の飛距離を適確に判断し、決して先行組に打ち込むことがないようにしてください。

第14条【隣接ホールへの打ち込み】

隣接ホールへの打ち込みは特に危険です。プレーヤーは自己の飛距離、飛行方向について適切に判断し、慎重に打球してください。隣接ホールに打ち込んだ場合には、そのホールのプレーヤーに合図をし、かつ進行の妨げにならないよう打球するとともに、自己の同伴プレーヤーの安全を確認して打球してください。

第15条【安全な場所への退避】

後続組に打球させるときには、先行組のプレーヤーは後続組の打者が打ち終わるまで、安全な場所に退避して下さい。 ホールアウトした場合には直ちにグリーンを去り、後続組の打球に対して安全な歩経路を通って次のホールへ進んで下さい。 雷鳴があった場合には、直ちにプレーを中止して退避所等安全と思われる場所に退避して下さい。

第16条【乗用カートご利用において】

飲酒運転はお断りいたします。普通免許保持者に限り、カートの運転を行って下さい。運転中は危険ですので、カート外に顔や手を出さないでください。乗り降りについても充分、注意をしてください。危険行為による事故の場合、ゴルフ場は責任を負わないものとします。
また、各自の持ち物についての損傷、盗難については、ゴルフ場は責任を負わないものとします。

第17条【健康管理】

プレーヤーは、自己の健康状態について自己管理に徹してください。

第18条【喫煙上のお願い】

コース内やクラブハウス内での喫煙は、所定場所以外厳禁とします。マッチの燃えがら、煙草の吸殻は完全に消してカート備え付けの灰皿、ティグランド脇の灰皿に入れてください。

第19条【違反行為の責任】

利用者が、本約款に違反する行為並びに故意または、過失によって第三者に損害を与えた場合は、当該利用者が、その賠償責任を負うものとします。また、利用者の自損事故については、ゴルフ場は一切賠償責任を負わないものとします。

第20条【施設に損害を与えた場合】

  • 1.
  • 利用者並びにギャラリー等が故意によりゴルフ場に損害を与えた場合は、その損害の全てと営業上損失した不利益について賠償していただきます。
  • 2.
  • 利用者並びにギャラリー等が過失によりゴルフ場に損害を与えた場合は、その損害の全てについて賠償していただきます。

第21条【施設内への持ち込み禁止品】

施設内に下記のものを持ち込むことをお断りいたします。

  • 1.
  • 動物
  • 2.
  • 悪臭を放つもの
  • 3.
  • 銃砲刀剣類
  • 4.
  • 発火、爆発のおそれのあるもの
  • 5.
  • 騒音を発するもの
  • 6.
  • レストラン内への飲食物

第22条【行為の禁止】

施設内で下記の行為は禁止といたします。

  • 1.
  • とばくその他の風紀をみだす行為
  • 2.
  • 物品販売、宣伝広告等の行為
  • 3.
  • プレーヤー以外のコース内立ち入り(特に許可する場合は除く)
  • 4.
  • コース内での正規プレー以外の練習
  • 5.
  • 他人に迷惑を及ぼし又は不快感を与える行為
  • 6.
  • レストラン以外での食事

第23条【服装について】

施設内で下記の行為は禁止といたします。

  • 1.
  • ジーパン、Tシャツ、タンクトップ等下着と紛らわしい服装での来場及びプレーはお断りします。
  • 2.
  • サンダル、ゲタ、スリッパ、セッタ等でのご来場はお断りいたします。

第24条【本約款の改定または変更】

本約款は、ゴルフ場がその必要に応じて改定または変更できる。

附則

本約款は、平成24年4月1日から施行する。
平成24年2月29日 制定

ページ先頭へ戻る